Bijyomaru.com 坂川美女丸オフィシャルサイト
トップページに戻る 坂川美女丸の最新情報 坂川美女丸プロフィール 坂川美女丸関連の作品 ライブなどのイベントについて 坂川美女丸のライブ映像、音源が視聴できます 坂川美女丸のCDを買おう! 掲示板へ

坂川美女丸のプロフィール

 

 


 

Guitarist & Composer
三重県出身。9月19日生まれ、乙女座のB型。身長186センチ。

16歳の頃よりギターを始める。




父の兄弟 が音楽好きだった関係で、物心ついた時からピアノ、ギター、クラリネットなど、あらゆる楽器に囲まれた環境で育った。後になって幾度となく繰り返された 「いつからギターを始めました?」という質問は、「いつからテレビを見始めました?」と聞かれるのと同じくらい、家の中には普通に音楽が溢れていたように 思う。

ギタリストを笑え!』 第二章「扉の向こう側」 より




  1989年、『カブキ ロックス』で「イカ天」に出場。翌年の「全日
  本イカ天大賞」では、バンドとしては『ベストパフォーマンス賞』、
  ギタリスト個人としては『ベストプレイヤー 賞』を受賞。

  1990年、アポロンよ り『カブキロックス』でメジャーデビュー。
  第21回東京音楽祭、世界歌謡祭等に出場。全日本有線放送大賞新
  人賞受賞。

 



 

前身にあたる伝説的“元祖ビジュアル系”バンド『ヒステリック・グラマー』時代より、バンドのサウンドの 核心部分を担当し、アマチュアながら<ライヴハウス等はもとより原宿歩行者天国でもパニックを 引き起こすほどの人気を博す。




 




かくして「オマエらみたいなバンドがデビューしたら、真面目にやっているバンドが
浮かばれない」とまでイカ天の審査員に言われたバンドがプロになり、「こんなバン
ドが売れたら東京湾を逆立ちして渡ってやる」とまで酷評されたデビュー作がオリコ
ンにチャートインした。              
       『ギタリストを笑え!』 第二十三章 「デビュー作ブレイク!」 よ


 

 

 


ソロとしてはジャンルを 超えた数多くのアー ティストとの共演やプロデュース、
楽曲提供、アニメ、ゲームミュージック等の製作を行う。





また、雑誌連載のコラムやオフィシャルメールマガジン「B's CrueCafe」
では、そのユーモア溢れるエッセイや洞察力あるロック評が好評を得るな
ど、幅広い活動を行っている。

 

 

2004年 2月 ソロアルバム『SOLITAIRE/ソリティア』 リリース。

2005年  10月 書き下ろしエッセイ『ギタリストを笑え!』発売 。

2007年 4月 Renaissance 1st CD『Leanhaun shee〜リャナンシー〜
       リリース。プロデューサー&ギタリストとして参加。

       9月 電子書籍第二弾『淑女のパチンコ〜魔性の球殿散策』発売 。 





         

2015年 1月     CD『 NOW & BEST 〜今昔詩歌集〜/カブキロック
』発売。

     4月   エッセイ「ギタリストを笑え!〜イカ天出身バンドだった頃〜
                             がAmazon/Kindleにて販売開始。

       5月   ゲストとして参加した水田達巳ワンマンLIVEのDVD 「時空の風の物語 
                             2015」発売。
2016年  1月  美女丸BAND 1st ALBUM 『Tales of Astral 〜天空伝説〜』 リリース。

      2月  DVD『美女丸BAND / Made In Asia』リリース。

      3月  オムニバスアルバム「Agitation Clysis ~Metalize 03~」に参加。

 

 

 
2017 年 7月 氏神一番(カブキロックス)、平城ケン (TOPLESS 姫と海賊)と
        新アコギユニット『剣☆美☆氏』結成。


2018年  3月 DVD「しあわせの月/IchibanUjigami with BijyomaruSakagawa」リ 
                          リース。
                    
     5月 CD「しあわせの月」リリース。
      

        9月  CD『RARE & MELLOW』リリース。 

       12月  Mercuryの1st Single『loser / in the rain』発売。サウンドプロ     
                           デュース&アレンジを担当。

 

 



 

ロックミュージシャンというのは『非日常の世 界の人』という感覚は、常に自分の中
にありますね。かつて自分が憧れた人達、例えばQUEENやKISSにしても、あの時代
の”ロックスター”はみんなそうだったから。ステージでの衣装や演出、パフォーマ
ンスを含めて、あの”空気”と言うか”オーラ”を常に人に感じさせる様な存在であり
たいと思っています。

          ファッションマガジン『Je suis』 2004年6月号

                   「こ の人に会いた い!」より





                 世界でただひとりの「雅(みやび)系ギタリスト」
               
と して独自の和音階を駆使したフレージングを得意
                とする。




 
Copyright (c) 2006 BIJYOMARU SAKAGAWA All Rights Reserved.